ICP DASは、PCIインターフェース、コンバーター、PAC、スロットモジュールCAN製品など、数年前からさまざまなCAN製品を開発してきました。 ICP DASは世界中でCANカンファレンス、展示会、トレーニングコースを開催しています。 また、お客様がさまざまなCANテクノロジの問題を解決するのを支援します。 さらに、お客様にCANバスソリューションを提供できます。
CAN Bus紹介
CAN Busの特徴
 コントローラエリアネットワーク(CAN)はシリアル通信方式であり、非常に高いセキュリティレベルで分散リアルタイム制御を効率的にサポートします。 エラー処理メカニズムとメッセージ優先順位の概念を提供します。 これらの機能により、ネットワークの信頼性と伝送効率を向上させることができます。 さらに、CANはマルチマスター機能を提供し、システムまたはサブシステム内のセンサーおよびアクチュエーターだけでなく、「インテリジェント」デバイスのネットワーキングに特に適しています。
マルチマスター
 バスが空いていると、どのユニットでもメッセージの送信を開始できます。 送信するメッセージの優先度が最も高いユニットがバスにアクセスします。
安全
 データ転送の安全性を最大限に高めるために、エラー検出、シグナリング、セルフチェックのための強力な手段がすべてのCANノードに実装されています。 データを送信する際、巡回冗長検査、メッセージフレームチェック、ビットスタッフィングなど、多くの測定アルゴリズムが採用されています。
速度と距離
Baud(bit/sec) Ideal Bus Length
1M 25
800K 50
500K 100
250K 250
125K 500
50K 1000
20K 2500
10K 5000
アビトレーション(仲裁)
 2つ以上のノードが同時にメッセージの送信を開始した場合、アービトレーションメカニズムが適用され、これらのメッセージの1つが優先順位に従って正常に送信されることが保証されます。
プライオリティ(優先順位)
 CAN アイデンティファーは、バスアクセス中の静的メッセージ優先度を定義します。
CANバスワイヤーソリューション
バス長 [m] バスケーブル 終端抵抗 [Ω] ボーレート
長さ関連
抵抗 [mΩ/m]
ワイヤー断面
0~40 70 0.25~0.34 124 1000 40m
40~300 <60 0.34~0.6 150~300 >500 100m
300~600 <40 0.5~0.6 150~300 >100 500m
600~1000 <26 0.75~0.8 150~300 >50 1Km
ワイヤー断面積 [mm2] 最大長 [m]
ノード=32 ノード=64 ノード=100
0.25 200 170 150
0.5 360 310 270
0.75 550 470 410
 ユーザーがボーレート100 kbit / sおよびワイヤー断面0.5 mm2を使用する場合、最大長は500 mに達することがあります。 ただし、最大長はノード番号に反比例します。 ノード数が最大32の場合、最大長は360 mになります。