HART(Highway Addressable Remote Transducer)プロトコルは、Bell 202周波数シフトキーイング(FSK)規格を使用して、下の図に示す4?20mAのループ電流にデジタル通信信号を重ね合わせます。 HARTは、4?20mAの信号を中断したり干渉したりすることなく、1200 bpsで通信し、ホストアプリケーション(マスター)がスマートフィールドデバイスからデジタル情報を送受信できるようにします。 4?20mAの信号は、主要な測定値(最速で最も信頼性の高い業界標準)を伝達します。 デジタル信号は、デバイスステータス、診断、追加の測定値または計算値などを含む追加のデバイス情報に使用できます。したがって、アナログおよびデジタル情報を含むHART通信は、低コストで非常に堅牢な完全なフィールド通信ソリューションを提供します。 使用および構成します。
 HARTは、最大2つのマスター(プライマリとセカンダリ)を提供するマスター/スレーブプロトコルであり、ハンドヘルドなどのセカンダリマスターを使用して、HARTバスの情報を監視/制御できます。 HARTは、ポイントツーポイントやマルチドロップなどのさまざまなモードで使用して、スマートフィールド機器や中央制御または監視システムとの間で情報をやり取りできます。 以下は、2つの主要なHART動作モードの説明です。
(1)ピアツーピアモード(アナログ/デジタル)
 このモードでは、アナログ情報とデジタル情報を同時に通信できます。 4?20 mAの電流とデジタル信号は、どちらもHART機器からの有効な出力値です。 HART機器のポーリングアドレスは「0」に設定する必要があり、HARTバスに配置できるHART機器は1つだけです。 単一のスレーブデバイスが標準のHART応答メッセージを継続的にブロードキャストできるオプションの「バースト」通信モードは、ピアツーピア構成で使用でき、より高い更新レートが可能です。
(2)マルチドロップモード(デジタル)
 このモードでは、デジタル信号のみを使用でき、アナログループ電流は4mAに固定されています。 HARTバスには最大15台の機器を搭載できます。 機器のポーリングアドレスは1?15であり、各機器には一意のアドレスが必要です。
特徴
・比較的理解しやすく、使用しやすいHARTプロトコルは、豊富な追加情報(変数、診断、キャリブレーションなど)へのアクセスを提供します
・HARTは、強化されたフィールドコミュニケーションのためのリスクのないソリューションです
・標準の4-20mA配線との互換性
・デジタルデータの同時送信
・非常に正確で堅牢なプロトコルによるリスクの軽減
・プラントの可用性を向上させる
・メンテナンスコストを削減
・規制コンプライアンスを改善する